高効率のガス給湯器について

社団法人日本ガス石油機器工業会と日本ガス対エネルギー普及促進協議会は、低炭素社会の実現に向けた取組みとして2013年3月までにガス機器メーカーが生産する全てのガス給湯器を潜熱回収型であるエコジョーズに切り替えることを決定しました。
エコジョーズと言われる省エネ型のガス給湯器は、従来の給湯器では利用できなかった高温の排気熱である潜熱を無駄なくリサイクルして排熱利用効率を95%と大幅にアップすることができるようになりました。ガスのエネルギーのほとんどをお湯にかえることができるので家庭でのガスの使用量を減らすことができます。それに伴い、排出するCO2も少なくなるので同じように使用していてもCO2が削減できています。
高効率のガス給湯器は、従来型の給湯器と異なり、内部にふたつの熱交換器があります。1次熱交換器を約1500度で加熱し、2次交換器では約200度になった排ガスの熱を再利用します。給水管から送られてきた水は、まず2次交換器であたためられ、1次交換器でさらに過熱される仕組みです。従来型の給湯器からでる排気熱は約200度でしたが、エコジョーズの高効率タイプ給湯器では排気熱が約80度になりました。加えて、追炊き熱効率も従来より10%アップしました。
給湯器の本体価格は従来品よりやや高額になりましたが、省エネ効果でランニングコストが良いので長い目で見た場合にお得だと言えます。お湯は瞬間湯沸かし式なので貯湯タンクが必要なく、機械本体もコンパクトで設置場所に困りません。一度沸騰させた清潔なお湯は飲用も問題ありません。必要な時に必要な分だけお湯を沸かすことができます。お湯切れの心配もありません。2階でのシャワー使用や3か所同時使用などにもたっぷりお湯が確保できるので安心して使用できます。家族のライフスタイルに合わせたパワフルな給湯が可能です。
また、エコジョーズと太陽光発電システムを組み合わせることでより経済面でメリットがあります。給湯や暖房をガスでまかなうことで、家庭での消費電力が少なくなり、太陽光発電システムでつくった電気をより多く売電できるからです。
従来のガスの給湯器では約80%が限界だった給湯熱効率が、高効率給湯器では潜熱回収システムにより約95%と上昇し、省エネの実現と大気中への不要な熱の放出を減らし、CO2削減しており、地球温暖化防止に貢献できる地球環境に配慮したものとなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です